ガールズバーで使える話術

ガールズバーの女の子と仲良くなる話術

ガールズバーは女なの子と楽しくおしゃべりをしながらお酒を楽しむお店です。
多少の口下手でも、女の子がフォローしてくれるので会話が途切れるようなことはありません。
しかし、お店だからと言って女の子にフォローされてばかりでは格好がつきませんよね。

そこで、この記事では口下手な人でも実践できるガールズバーで使える話術をご紹介していきます。
 

まずは女の子の話を聞く

女の子と話すのが楽しくてついつい自分ばかり話してしまいがちになりますが、それでは女の子と仲良くなれません。
自分のことを話すは控えめにして、女の子の話を聞くようにしてみましょう。

ガールズバーで働いている女の子は、1日に何人ものお客さんの話を聞いています。
その時、女の子が自分の話をすることは少ないでしょう。
そんな中、べらべら自分の話ばかりするのではなく、こちら側の話を聞いてくれるようなお客さんがいたら、高感度が上がります。
そうすると女の子のテンションも上がり、楽しく話を進めることができくでしょう。
 

共感のできる話題を用意しておく

楽しく会話を続けるテクニックとして、共感があります。
とくに女性は共感を得られると嬉しくなるものなので、共感ができるような話題を用意しておきましょう。

例えば、「おのお店にはどんなお客さんがくるの?」と話題を振ってみて、「今まできたお客さんで『こんな客は嫌だ!』ろ思ったことある?」というように、嫌なお客さんについて聞いてみましょう。
女の子側からすれば「お客さんに他のお客さんを言うのは良いのだろうか?」と感じる部分もあるかもしれませんが、ガス抜きになる効果もあります。
人は誰かに愚痴を聞いてもらいそれに共感されると、共感してくれた人に親近感を覚えます。

親近感は楽しく話をする上でとても重要なので、共感するような話題を準備して、共感してあげましょう。
 

心を開かすためのテクニックを使う

人に対して本心を話すと言うのは、親密な間柄ではない限り難しいです。
お客と店員という立場ならなおさら、本心を隠して接します。
そこで、相手の心を開かせるテクニックを使って、女の子から自己開示してもらえるようにしましょう。

相手の心を開かせるテクニックは、まず自分から自己開示をすることです。
そうした後、「○○ちゃんって時々寂しそうに笑うけど、寂しがり屋さん?」というように、相手の女の子を観察して得られた情報から、憶測で良いので質問をしましょう。
それが当たっていても当たっていなくても、女の子は「え、なんでそんな風に思ったんだろう?」と知りたい欲が出てきて、気持ちのシャッターを開くでしょう。